『まだ間にあうかな?』おめでた前から推奨されている葉酸ってなに?

『まだ間にあうかな?』

葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種です。近年の多くの研究から、妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害(NTD: neural tube defects)の発症率が高まることが明らかにされました。そこで日本では2000年に厚生労働省から妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知が出されました。

【参考文献】葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html

↑こちらの、妊娠の可能性がある女性に対して、という箇所がポイントです。葉酸は、おめでたの可能性があるすべての女性に推奨される栄養素で、情報提供を推進すべき、という趣旨の内容を、厚生労働省が公式に文書で通知しているのです。

『さずかったみたい^^さてと、ママの準備をはじめなくちゃ』では、たまごをはぐくむチャンスを逃しています。妊娠に気付く4週~5週頃には、既にたまごは4週~5週分、育っているのです。

別の公式文書では、

イ:妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビ夕ミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要

【参考文献】厚生労働省通知:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf

と書かれていますので、正式には、葉酸は1カ月前から飲むことが望ましいとされています。なお、『妊娠1ケ月以上前』とは、妊娠する前の最後の月経開始日以前の事です。

旦那様と計画的に『よし!ベビだ!』となかよしする場合を除き、ベビとの出会いは予測不可能。

いますぐにでも会いたい!、というベビ待ちの方に限らず、まさに妊娠の可能性がある女性には、厚生労働省から正式に、葉酸の摂取を推奨されているのです。

いまからでも遅くありません。妊娠初期で当サイトを訪れている方は、おなかのベビに快適な健康バランスを届けてあげてください(╹◡╹✿)

足りない栄養は、補助的にサプリでサポートできます(๑•̀ㅂ•́)و✧。適切な情報提供の推進を行う事で、当サイトでも国民のみなさまのお役に立てれば幸いです。

繰り返しになりますが、厚労省が通知内で対象としているのは、妊娠可能な年齢の女性、妊娠を計画している女性及び妊産婦等、です。『遅かった!』となる前に、日頃の リズム の中に葉酸サプリを取り入れましょう。

当サイトでは、平成12年12月28日児母第72号健医地生発第78号の厚生労働省通知:『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進』に従い、正確な情報の発信に努めております。