『毎日、サラダで一束、ほうれん草食べるの…!?』『いえいえサプリで補うんです』

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

ちょっと長いタイトルの文章ですね^^;平成12年12月28日に厚生労働省が正式に出した通知文書です。その中で、

葉酸について葉酸はビ夕ミンB群の水溶性ビ夕ミンで造血に作用する。

不足すると貧血が生じることがある。

体内の蓄積性は低く、毎日摂取することが必要である。葉酸は緑黄色野菜、果物などの身近な食品に多く含まれる。

【参考文献】厚生労働省通知:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf

とあります。プレママさんたちは、全部『ふたりぶん』です^^。ひとつめの文書のタイトルにも、葉酸とサプリメント、とある通り、足りない栄養素はサプリメントで補助的にサポートする必要があるのです。プレママさんたちが注目したいのは、、、

毎日摂取することが必要

葉酸は緑黄色野菜、果物などの身近な食品に多く含まれる、という箇所です。例えばほうれん草で一定量の葉酸を摂取しようとすると、1束約200gに上記の文書で推奨されている0.4mg(400㎍)が含まれますので、毎日ほうれん草を一束食べることになります。しかも、葉酸は水溶性で、茹でるとへります。食品中の葉酸の、生体利用率は50%以下とも書かれていますので、さらに吸収率をかけなければなりません。

『毎日、サラダで一束、ほうれん草食べるの…!?』

いえいえ、足りない栄養は、補助的にサプリでサポートできます^^。それが、このサイトで葉酸のランキングをご紹介している理由なのです。適切な情報提供の推進を行う事で、当サイトでも国民のみなさまのお役に立てれば幸いです。

当サイトでは、平成12年12月28日児母第72号健医地生発第78号の厚生労働省通知:『神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進』に従い、正確な情報の発信に努めております。